2016年12月 3日 (土)

プチ援

普段は付き合ってる彼女の過去とかそういうの、聞かない人なんだけど、深夜テレビ一緒に見てた時に、ちょうどプチ援のことやっててさ、つい聞いちゃったんだよ。
「お前の世代もプチ援とかやってた世代じゃない?」って世間話っぽく聞いちゃったんだよね。
そしたら「あー、まぁそうだよね」って。
「やってた?プチ援?」って聞いたら、「高校でやってたって子はいたよね」って。
そこで「ふーん」って話を終わらせておけばよかったのに、俺、バカだから「お前もやってたんじゃね?フェラ、やけに上手いし」って笑ったらさ、彼女、ちょっとむっとしてた。
それで、「やってたら何?」ってすごい目で睨まれてさ。
ほんと、視線で殺気感じたの初めてだったから、超ビビった!
慌てて「いや、別に。プチ援くらいでガタガタ言う気はないよ」って言ってはみたけど、なんていうか、彼女のことを今までのようには見られなくなって。
プチ援を初めてからトイレフェラが4倍も低価格な事に気づきました
プチ援がどうこうじゃなくて、あの睨みだよ。
あんな凶器をチラつかされると、警戒しちゃうよね。
今にも襲いかかるんじゃないかって目つき。あれ、素人のにらみじゃないよ。
普通の女だと思ってたけど、普通じゃないのかも?って気がしてきてさ。
俺だって、プチ援くらいのことを気にするような、小さい器の人間じゃないつもりだったけど、、、
あの睨みは、無理かも。
怒らせてはいけない、また睨まれると思うと、めったなことも言えなくなってさ。
付き合ってるのに、常に気を張ってるような感じで、楽しくなくなってきちゃってさ。
プチ援が直接の原因じゃないけど、間接的な原因ではあるよね。
お小遣いが欲しい

最近の記事

無料ブログはココログ